子どもの健全育成など公益活動などに助成 公益推進協会

2015年0917 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
厚労省

「第8回 夢屋基金」

 

 子どもの健全育成、医療保健、国際交流・親善のさまざまな公益活動に助成する。

 

11月から来年8月までの間に行われる事業が対象。上限額は1件につき50万円以内、総250万円程度。

 

 法人格取得後1年以上の活動実績がある団体で、他の助成金を得ていない事業であることが条件。

 

 締め切りは8月26日。問い合わせは同協会の夢屋基金事務担当高野氏(☎03・5425・4201 FAX03・5405・1814)まで。

 

 

    • このエントリーをはてなブックマークに追加