表参道で社会福祉ヒーローズが魅力アピール ゲストに「おかずクラブ」

2018年0226 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

 社会福祉の現場で活躍している6人の若手役職員が学生などの若者に向けて社会福祉の役割や仕事について熱く語る「社会福祉ヒーローズ東京2018」が3月14日午後1時から2時半まで、東京都渋谷区の表参道ヒルズ・スペースオーで開かれる。全国社会福祉法人経営者協議会の主催。

 

 介護、保育、障害者支援の現場で日々挑戦し続けている6人の「ヒーロー」が、普段どのような意識で働いているか、仕事を通じて社会にどんな変化をもたらしたいかなどをプレゼンテーションする。高齢化社会の日本で社会福祉の仕事は「最先端の社会的意義のある仕事」という思いを込める。当日は会場の投票で6人の中から大賞を決める。

 

 イベントはおしゃれの街・表参道で介護や福祉の魅力を若者にアピールし、明るいイメージを持ってもらおうと企画。ゲストにお笑い芸人の「おかずクラブ」が駆け付け、6人とトークを繰り広げる。

 

 定員200人。参加費無料。事前の申し込みが必要で、経営協のホームページ(https://www.keieikyo.com/)で行う。

 

 問い合わせは全社協法人振興部(電話03・3581・7819)へ。

 

 

 

(福祉関連書籍)

 

まちの子どもソーシャルワーク
幸重 忠孝 村井 琢哉
かもがわ出版 (2018-02-02)
売り上げランキング: 9,157

 

高校生ワーキングプア:「見えない貧困」の真実
NHKスペシャル取材班
新潮社
売り上げランキング: 10,162

 

ろう者の祈り 心の声に気づいてほしい
中島 隆
朝日新聞出版
売り上げランキング: 6,578
    • このエントリーをはてなブックマークに追加