精神病院を廃止したイタリアの大学教授が講演 「精神医療はピアサポートが主流に」

2015年1020 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
イタリア、ヴェローナ大精神医学科教授のロレンゾ・ブルチ氏

 精神医療改革をイタリアのヴェローナで実践したロレンゾ・ブルチ・ヴェローナ大教授が3日、都内で講演し、約70人が参加した。来日は2009年以来2回目。

 

 「イタリアにおける心理社会的リハビリテーション~過去・現在・近未来」と題し、専門職によるチームケアや、精神疾患のある当事者が支え合うピアサポートについてヴェローナの現況を報告。

 

 将来、ピアサポートはさらに発展し、リハビリの主流になると語った。医師やソーシャルワーカーなど専門職は柔軟性を持つべきだとも主張した。

 

 また、イタリアの議会が司法精神病院(精神疾患があり犯罪をした人が入院する)を抜き打ち検査した際の映像を公開した。

 

 講演はNPO法人精神保健福祉交流促進協会、大塚製薬の共催。

 

 講演要旨は次の通り。

 

 

  イタリアは精神病院を廃止したことで知られるが、20世紀前半までは収容施設の数と規模が飛躍的に拡大した。治療は処罰のようなものだった。精神科医は患者におわびしなければならない。

 

  1960年代から精神病院の廃止をけん引したフランコ・バザーリアは、理論的な批判にとどまらず、患者の個性や尊厳を解体している精神病院の廃止に取り組んだ。通称バザーリア法が78年に成立し、84年までに入院患者は3万人に半減した。

 

 

➡次ページ 司法精神病院の問題

 

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
1 2