1人から加入できる福祉分野の労働組合 「介護・保育ユニオン」を結成

2016年0630 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
労働組合「介護・保育ユニオン」の会見

 介護や保育、障害など福祉分野で働く人が1人から加入できる労働組合「介護・保育ユニオン」(森進生代表)がこのほど結成された。16日に記者会見を開き、福祉分野の人手不足の背景には労働問題があるとして、業界のサービス改善に取り組みたいと訴えた。

 

 同ユニオンは、ブラック企業問題に取り組むNPO法人POSSEが設立した総合サポートユニオンの福祉分野支部として結成。現在、約10人が加入している。スーパーバイザーには、厚生労働省の審議会委員も務める藤田孝典・ほっとプラス代表理事が就任した。

 

 同日の会見で森代表は、現場で虐待や事故が起きる背景には働き方の問題があると指摘。「企業が利益を上げるには、人件費を安くするしかない。それがサービスの質にも反映される。お金もうけ第一になるのは問題だ」と語った。

 

 

 

福祉関連書籍

 

あなたの夢はなんですか?
池間 哲郎
致知出版社
売り上げランキング: 9,732

 

社会福祉の思想入門:なぜ「人」を助けるのか (MINERVA福祉ブックス)
秋山智久
ミネルヴァ書房
売り上げランキング: 11,172

 

相談援助職の記録の書き方―短時間で適切な内容を表現するテクニック
八木亜紀子
中央法規出版
売り上げランキング: 7,509
    • このエントリーをはてなブックマークに追加