アルコール、薬物、ギャンブル、統合失調症… 9月から各地でリカバリーパレード

2016年0826 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年9月に行われたパレードの模様(東京・新宿)

 アルコールなどの依存症、統合失調症、うつ病の人やその支援者らが回復を祝って行進する「リカバリーパレード(回復の祭典)」が、9月から7都市で行われます。6年前に東京で始まって以来、各地に広がってきました。関西、横浜は今年が初の開催です。趣旨に賛同する人なら誰でも参加できます。2014年6月施行のアルコール健康障害対策基本法に基づく政府の基本計画が今年5月31日に閣議決定されるなど、依存症をめぐるさまざまな取り組みが進んでいます。そこで、6年前からパレードに携わる城間勇さん、アルコール関連問題に詳しい今成知美さんにパレードの持つ意義などを尋ねました。

 

 

回復した者の責任

 

城間勇 障害福祉サービス・生活訓練事業所RDP横浜施設長

 

 

障害福祉サービス・生活訓練事業所RDP横浜施設長

城間勇

 

 

 リカバリーパレード(回復の祭典)の発端は2007年秋、依存症の治療や当事者運動の著名な米国の研究者、ウィリアム・ホワイト氏の来日講演を聞き、感銘を受けたことだ。

 

 氏は米国でのリカバリーウォークなど依存症の回復擁護運動の歴史を熱弁し、「東京で回復者らが5000人行進したらどうなると思う?」と問い掛けた。

 

 社会の偏見を取り除くのは回復者自身の責任だとする氏のメッセージを受け、09年12月、都内に私を含む有志約30人が集まり、準備会を立ち上げた。そして翌10年9月23日、土砂降りの雨の中、東京・新宿中央公園を起点に第1回リカバリーパレードを行い、約350人が参加した。アルコール、薬物、ギャンブルなどの依存症者、統合失調症、うつ病などを経験した人が「回復」(以前の自分より良くなったことを喜べること)の1点で集結した。

 

 現在73歳の私は29歳で結婚したころからアルコール依存症に苦しみ、40代は入退院を繰り返した。家族と職を失い、死も覚悟した。飲酒が止まらない自分を「意志の弱い人間」だと思った。そんな自分が顔を出して声を上げるのは恥だという内なる偏見もあった。

 

 しかし、パレードに参加したらそんな見方は吹き飛んだ。自分の中の重荷から解放された。そして、回復できることを多くの人に伝え、希望を持ってもらえた。回復には人とのつながりが欠かせないと痛感している。

 

 そんな思いに共感する人が少しずつ増え、パレードは各地に広がった。とても喜ばしいことだが、どこも運営は手弁当で厳しい。疲れきってしまわないよう、いま一度理念を共有しなければと思う。私なりの使命感も回を重ねるごとに増している。だから私は歩き続ける。

 

 

包容力ある社会に

 

今成知美 NPO法人ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)代表

 

 

NPO法人ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)代表

今成知美

 

 

 私は市民団体の立場でアルコール健康障害対策基本法の制定(2013年12月)、同法に基づく政府の基本計画づくり(今年5月閣議決定)に携わることができた。アルコール依存症(以下、依存症)に対する省庁間や省内部局間の連携はかなり進んだと感じる。

 

 「警察が保護した酩酊者を家族に引き渡す際に相談先のパンフレットを渡す」「飲酒運転により免許取消処分となった人の講習で依存症回復者が体験談を話す」といった対応が進んできた。この勢いで都道府県ごとの計画づくりを進めてほしいと願っている。

 

 一方、一般には、依存症が十分に理解されていない。依存症は誰でもなりうる病気だ。例えば勤務時間の不規則な職業の人は、眠るためにお酒を飲む例が多い。そんな習慣の延長線上に依存症があるのだ。

 

 ところが、著名人が依存症になるとマスコミがたたく。それを見ると、一般の人は自分や家族に異変を感じても認めたくない、相談しづらい、となる。その結果、社会から孤立して問題がどんどん大きくなってしまう。

 

 国内の依存症者109万人に対し、治療している人は4万~5万人に過ぎない。孤立した人はたくさんいるだろう。その人たちには、依存症は病気であり、回復できることを知ってもらう必要がある。

 

 私は1983年にASKの立ち上げにかかわり、これまでさまざまな啓発活動を見てきた。その中でも、リカバリーパレード(回復の祭典)は依存症者が自らの責任で回復の姿を社会に示す活動であり、とても素晴らしい。

 

 私は、日本を「回復を応援する、包容力のある社会」にしたい。そうした社会は子どもの教育にも良いはずだ。そんな思いでこのパレードに参加している。

 

160815リカバリ予定

 

 

福祉関連書籍

 

凍りついた瞳 (YOU漫画文庫)
ささや ななえ
集英社
売り上げランキング: 9,214

 

子どもの貧困II――解決策を考える (岩波新書)
阿部 彩
岩波書店
売り上げランキング: 5,914

 

障害者総合支援法 事業者ハンドブック 報酬編〔2016年版〕
中央法規出版
売り上げランキング: 2,065
    • このエントリーをはてなブックマークに追加