「医療・福祉」の初任給、高卒男子で最低額 12産業を調査

2016年1129 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

 厚生労働省が17日に発表した「2016年賃金構造基本統計調査(初任給)」の結果で、「医療・福祉」業で働く高卒男子の初任給が主要12産業中最も低いことが分かった。

 

 調査は、5人以上の常用労働者を雇用する7万8095事業所を対象に実施。このうち新規学卒者を採用した1万5308事業所の6月分の賃金状況をまとめた。

 

 「医療・福祉」の初任給は、大卒19万6700円(前年比2300円減)、高専・短大卒17万9200円(100円減)、高卒15万1500円(800円増)。

 

 男子は大卒19万6700円(4400円減)、高専・短大卒18万4100円(2000円増)、高卒14万8200円(1800円増)、女子は大卒19万6800円(1500円減)、高専・短大卒17万8200円(600円減)、高卒15万2900円(600円増)だった。

 

 全産業平均と比較すると、大卒で6700円、高卒で9800円低く、高専・短大卒で2300円高い。男子は大卒が9200円、高卒が1万5300円、女子は大卒が3200円、高卒が4300円それぞれ低かった。

 

 初任給が最も高い産業は、高卒男子と大卒および高専・短大卒女子が「情報通信業」、大卒男子が「建設業」、高専・短大卒男子が「金融業・保健業」、高卒女子が「生活関連サービス・娯楽業」だった。

 

 

 

福祉関連書籍

 

 

徹底調査 子供の貧困が日本を滅ぼす 社会的損失40兆円の衝撃 (文春新書)
日本財団子どもの貧困対策チーム
文藝春秋
売り上げランキング: 4,073

 

    • このエントリーをはてなブックマークに追加