認知症事故の公的補償は見送り 関係省庁連絡会議で確認

2016年1227 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

 認知症の人が引き起こした事故やトラブルの損害に対し、公的な補償制度で対応することを見送ることが、13日の「認知症高齢者等にやさしい地域づくりに係る関係省庁連絡会議」で確認された。どの範囲まで救済するのか、財源はどうするのかなど幅広い議論が必要であり、まずは現在取り組んでいる地域の見守り体制づくりを推進することで対応する。民間で認知症リスクに備える保険の販売が相次いでいることも見送る理由に挙げた。

 

 連絡会議は認知症の人による事故の責任の在り方をめぐり、今年3月のJR死亡事故訴訟の最高裁判決を受けて検討を始めた。最高裁は家族に賠償責任はないとしたが、1審判決では家族に720万円の損害賠償を命じていた。

 

 国土交通省によれば認知症の人が関係する鉄道事故は14年度に29件、最大損害額は約120万円。警察庁からは15年に認知症の人(事故後に判明)が交通事故で車の免許取り消しなどになったのは78件との報告があった。

 

 そうした実態から、損害が高額な事案が頻繁に多発しているわけではないなどとして、まずは事故やトラブルの未然防止や早期対応の施策を推進していく。具体的には認知症サポーターの活用、運転免許センターに医療系専門職員を配置、鉄道駅の設備の整備推進などを挙げた。今後については状況を注視しながら必要に応じて検討するとした。

 

 連絡会議は非公開で配布資料や議事要旨は後日、厚労省のウェブサイトに掲載される。

 

 

福祉関連書籍

 

続・下流老人 一億総疲弊社会の到来 (朝日新書)
藤田孝典
朝日新聞出版 (2016-12-13)
売り上げランキング: 586

 

介護殺人:追いつめられた家族の告白
毎日新聞大阪社会部取材班
新潮社
売り上げランキング: 1,927

 

目で見てわかる最新介護術
北田 信一
成美堂出版
売り上げランキング: 3,673
    • このエントリーをはてなブックマークに追加