医療・福祉は大卒3年で離職38%

2017年0926 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

 厚生労働省は15日、2014年3月卒業者の離職状況を公表した。新卒者の卒後3年以内の離職は17大産業のうち、医療・福祉業に入職した大卒者が5番目、高卒者が8番目に高いことが分かった。最も離職率が高いのは大卒・高卒とも宿泊業・飲食サービス業だった。

 

 新卒者が3年以内に離職する率は大卒32%、高卒41%。医療・福祉業は大卒が38%、高卒が47%で、全産業平均より大卒が5ポイント、高卒が6ポイントそれぞれ高かった。 

 

 

 

(福祉関連書籍)

 

今日も一日、楽しかった    ダウン症のイケメン・あべけん太
あべけん太
朝日新聞出版
売り上げランキング: 602

 

「なんとかする」子どもの貧困 (角川新書)
湯浅 誠
KADOKAWA (2017-09-08)
売り上げランキング: 1,994

 

精神保健福祉士の実践知に学ぶソーシャルワーク 1 ソーシャルワークプロセスにおける思考過程
田村 綾子 上田 幸輝 岡本 秀行 尾形 多佳士 川口 真知子
中央法規出版
売り上げランキング: 6,014
    • このエントリーをはてなブックマークに追加