「献血に興味もって」 西武ライオンズも応援

2018年0112 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
会場を盛り上げた山田(左)・今井両選手

 埼玉県赤十字血液センターは、若者に献血に興味を持ってもらおうとキャンペーンを12月23日、JR大宮駅前で開いた。県内に本拠地を置く埼玉西武ライオンズの若手注目選手の登場で、満員の会場は拍手に包まれた。

 

 ライオンズは球団として地域・社会貢献に取り組んでおり、今回のキャンペーンには今井達也投手(19)と山田遥楓選手(21)が参加。両選手は「思っていた以上に皆さんが献血に関心を持っていて、参加された方やファンの方が私たちと交流して喜んでくれた。地域の支え合いは大事だということが実感できた」と語った。

 

 ビンゴ大会やトークショーもあり、好きな食べ物は何かの質問に山田選手は「オムライス。特にケチャップ」、今井選手は「トマト」と赤い血を意識した絶妙なやりとりも。

 

 知人の親子3人と一緒に来場していた渋江康二さんは「とってもいいキャンペーンで楽しかった。今後も一層選手を応援します」と声を弾ませていた。

 

 同日のキャンペーンでは301人が献血に協力した。

 

 

 

(福祉関連書籍)

 

注文をまちがえる料理店
小国 士朗
あさ出版 (2017-11-10)
売り上げランキング: 4,084

 

生まれてくれてありがとう: 目と鼻のない娘は14才になりました
倉本 美香
小学館
売り上げランキング: 6,009

 

ろう者の祈り 心の声に気づいてほしい
中島 隆
朝日新聞出版
売り上げランキング: 10,111
    • このエントリーをはてなブックマークに追加