施設の子応援、農福連携アピールも 「アースデイ」にタイガーマスクら出展

2018年0510 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイガーマスクが子どもたちにバルーンアートをプレゼントした

 地球のことを考えて行動する日「アースデイ」(4月22日)の東京でのイベントが21・22日、渋谷区の代々木公園で開かれた。地球環境に関連する100団体以上が出展し、約12万人の来場者でにぎわう中、出展した福祉関係者は、福祉の枠を超えて取り組みを広めたいと積極的にアピールした。

 

 児童養護施設で暮らす子どもを応援するNPO法人タイガーマスク基金は、使っていないテレホンカードの寄付を呼び掛けた。携帯電話を持つ余裕のない子どもが、学校や施設などと公衆電話で連絡をとる際に利用する。

 

 これまで約6万枚のテレホンカードを500カ所以上の施設に届けた。事務局の工藤ルリ子さんは「『誰も置き去りにしない』というイベントの理念に賛同した。施設の子どもの現状を知ってもらうきっかけになれば」と話す。

 

 10年ほど前から出展しているのは、社会福祉法人いたるセンター(東京都杉並区)。職員の饗庭和博さんは「福祉は関係なく平等に見られることを意識している」と言う。

 

 店頭では障害者が作った無添加のオリーブ石けん、グリーンカレーの缶詰めなどを販売。さらに利用者の奥津隆弘さん、出雲善彦さんが来場者に声を掛け、ハーブなど約400株の苗をほぼ完売した。2人に声を掛けてくれるリピーターもいるという。

 

 別のエリアでは、全国農福連携推進協議会がタマネギやキャベツなどの無農薬野菜、米、卵を販売したり、障害者らが農業に従事し地域も元気になる「農福連携」の取り組みをアピールしたりした。またトークイベントも行われ、登壇した濱田健司会長は「環境と農業・福祉がお互いをもっと知りあって、新しい化学反応が起きれば」と期待を寄せた。

 

 

 

(福祉関連書籍)

 

「なんとかする」子どもの貧困 (角川新書)
湯浅 誠
KADOKAWA (2017-09-08)
売り上げランキング: 6,116

 

虹色のチョーク
虹色のチョーク

posted with amazlet at 18.04.27
小松 成美
幻冬舎 (2017-05-19)
売り上げランキング: 7,773

 

発達障害の人のための上手に「人付き合い」ができるようになる本
吉濱 ツトム
実務教育出版
売り上げランキング: 8,802
    • このエントリーをはてなブックマークに追加