国内初のヘッドレスト機能を搭載した電動ベッド「AX シリーズ」(シーホネンス)

2019年1118 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シーホネンス株式会社は9月25日から3日間にわたり開かれた「国際福祉機器展」(HCR)に、電動ヘッドレスト機能付きベッド「AX シリーズ」を出展した。

 

 国内で初めて、背中だけでなく頭の部分だけ角度を調節できる機能を搭載。ボタン一つで、あごを引いた状態にできるため、誰でも同じポジションをつくれる。また、誤嚥のリスクも減るという。

 

 さらに、バッテリーを搭載しているため、災害で停電が起きても簡単にベッドを操作することができる。

 

 同社の増本龍樹・代表取締役社長は「業界一高く垂直に上がる機能などお役に立つ機能が満載されている。ぜひAXシリーズを体感いただければ」と話している。

 

    • このエントリーをはてなブックマークに追加