子育て家庭へ広がる食糧支援 実業家らが児童家庭支援センターと連携

2020年0911 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
クムレは日ごろから連携する子ども食堂に米を配布した

 新型コロナウイルス感染症の影響を受けるひとり親家庭などに対し、全国の児童家庭支援センターが弁当や米などを届ける活動を続けている。実業家などが発起人となり、子どもの食事環境を改善しようと寄付を呼び掛けるプロジェクトと連携。食を通じたアウトリーチは新たに支援を必要としていた人とつながるなど活動の成果が広がりを見せている。

 

続きは本紙で

 

福祉新聞の購読はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加