熊本7月豪雨 孤軍奮闘の災害ボラセン「コロナで復興道半ば」

2020年1007 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
人吉市の災害ボラセンは週末のみ運営

 今年7月に九州で発生した豪雨災害から3カ月がたとうとしている。被害の大きかった熊本県ではほとんどの災害ボランティアセンターが閉鎖しているものの、開設している災害ボラセンからは「いまだ復興途上だ」との声が上がる。新型コロナウイルス禍での運営状況について聞いた。

 

続きは本紙で

 

福祉新聞の購読はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加