厚労省が次期介護報酬改定の基本視点示す 感染症や災害対策など5項目

2020年1020 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

 厚生労働省は2021年度介護報酬改定の基本的な視点の案を、10月9日の社会保障審議会介護給付費分科会に示した。感染症や災害が発生してもサービスが安定的に継続的に提供される体制づくりなど5項目を挙げた。

 

 分科会で3月から行ってきた議論や事業者団体ヒアリングを整理したもの。これらを改定の柱とし、各サービスの基本報酬や加算、運営基準などに落とし込んでいく。

 

続きは本紙で

 

福祉新聞の購読はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加