家族がコロナ感染 埼玉県が要介護者用の受け入れ施設を開設

2020年1023 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
完成した受け入れ施設

 埼玉県は、ケアラー(家族介護者など)が新型コロナウイルスに感染して入院した場合に、要介護者が安心して生活できる場所を確保するための受け入れ施設を開設した。要介護者については、県の老人福祉施設協議会や発達障害福祉協会などの協力のもと、周辺施設から応援職員を派遣して引き続き支援する。

 

続きは本紙で

 

福祉新聞の購読はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加