子ども分野の資格を創設へ 国家資格は議論持ち越し

2020年1027 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

厚生労働省は10月16日、子ども家庭福祉分野に関する資格の在り方を議論するワーキンググループ(WG)を開き、中間整理をまとめた。児童虐待が社会課題になる中、児童相談所や市町村、民間施設などで働く人の専門性を担保する仕組みが必要だとして、新たな資格の創設を明記。ただ国家資格化については結論を持ち越し、議論を継続する。

 

続きは本紙で

 

福祉新聞の購読はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加