児童虐待対応の専門職を養成 西日本こども研修センターあかし

2020年1029 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
今年3月に竣工した研修センター

 子どもの虐待根絶を目指す「西日本こども研修センターあかし」(小林美智子センター長)が昨春、兵庫県明石市に設立され、今年7月からセンターの専用施設で本格稼働した。児童虐待対応の高度な専門研修拠点としては、2002年に横浜市に開所した「子どもの虹情報研修センター」に次いで全国で2番目。虐待の最前線で活動するリーダーの人材輩出が、期待されている。

 

続きは本紙で

 

福祉新聞の購読はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加