政府提唱の地域共生社会 情報連携システムの現場

2020年1030 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
毎年恒例の、一人暮らし高齢者のつどい(多可町提供)

 政府が提唱する地域共生社会に向け、兵庫県多可町は2018年度から情報連携システムの再構築を進めている。複合的な問題を抱えた世帯の情報を画面上で一元的に把握できるようにしたほか、支援経過の記録にも新方式を採用。支援する上で重要な気付きが迅速に得られるよう、関係部署間で閲覧できる体制づくりを進める。

 

続きは本紙で

 

福祉新聞の購読はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加