新型コロナクラスターが発生した特養 苦闘の40日

2020年1105 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
オンラインの事例報告会に臨んだ田中施設長(右)=大阪府社協

 新型コロナウイルスによるクラスター(感染者集団)の発生が止まらない。社会福祉施設にとって、最も警戒する事態だ。今夏、クラスターと対峙した大阪府八尾市の特別養護老人ホームの施設長が10月28日、大阪府社会福祉協議会老人施設部会のオンライン事例報告会で、闘いの日々を語った。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加