障害報酬改定で注目 ピアサポート加算とは

2020年1112 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
1人暮らしの人の外出に同行する小暮さん(左)=ゆりあす提供

 厚生労働省は障害者が同じような障害のある人を支援する「ピアサポート」の活性化に乗り出す。2021年度の障害報酬改定では、一部の障害福祉サービス事業所で働くピアサポーターが所定の条件を満たす場合、その専門性を加算で評価する方針。また、精神障害にも対応した地域包括ケアシステムの関連では、精神障害のあるピアサポーターを地域づくりに生かす考えだ。ピアサポーターの活躍が浸透したとみて、制度的な位置付けを明確にする。

 

続きは本紙で

 

福祉新聞の購読はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加