医療的ケア児に定義 議員立法の骨子が判明

2020年1113 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
小5男児(手前)の発言に議員は拍手で応えた

 野田聖子氏(自民)ら超党派の国会議員による勉強会「永田町子ども未来会議」は10月30日、たんの吸引など日常的なケアを受けながら生活する「医療的ケア児」への支援強化に向けた法案の骨子をまとめた。

 

 これまであいまいだった医療的ケア児の定義を条文で明確にし、都道府県に相談機関「医療的ケア児支援センター」(仮称)を設置する。開会中の臨時国会に議員立法として提出する方針だ。

 

続きは本紙で

 

福祉新聞の購読はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加