新幹線の車いすスペース増 省令改正で3~6席以上へ

2020年1120 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2021年の東京五輪・パラリンピックに向け、国土交通省は10月30日、新幹線車内の車いすスペースを増設するため、バリアフリー基準を定めた省令を改正した。1編成当たりの座席数に応じて3~6席以上設ける。

 

続きは本紙で

 

福祉新聞の購読はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加