全国社会福祉法人経営者協議会、社会福祉法人職員の離職率10%以下を目標に

2020年1202 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
全国大会で基調報告する磯会長

 全国社会福祉法人経営者協議会は、2025年度までの5年間の中期目標として「組織率50%」「47都道府県の災害支援体制(DWAT)」「離職率10%以下」を掲げている。そのうち離職率に関して磯彰格会長は、ウェブ配信中の全国大会の中で「人材の確保、育成、定着のうち離職防止が特に重要」とし、職員が社会貢献を実感できる取り組みを実践していくことをポイントに挙げた。

 

続きは本紙で

 

福祉新聞の購読はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加