精神保健福祉分野のピアサポートは文化 日伊でリモート交流

2020年1203 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
画面のイヴォンヌさんと対談する相川教授(左端)

 精神保健福祉分野でのピアサポート先進国とされるイタリアとのオンラインでの交流事業が11月23日、仙台市内で開かれた。仙台市精神保健福祉団体連絡協議会の主催。

 

 イタリア・ボローニャの前保健局長だった精神科医のイヴォンヌ・ドネガーニさんは日本のピアサポート事情を聞いた上で「日本は全く新しい文化を取り入れようとしている。時間がかかるかもしれないが、エネルギーをなくさないでほしい」と激励した。

 

続きは本紙で

 

福祉新聞の購読はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加