母と子を守る最後の砦をアピール 大阪の母子生活支援施設がミニコミ紙

2020年1209 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブロック遊びをするルフレ八尾の子どもたち(大阪府八尾市、八尾隣保館)

 大阪府社会福祉協議会・母子施設部会(荒井惠一・部会長)が、ミニコミ紙「魁PRESS(プレス)」を創刊する。コロナ禍でDV被害や虐待が深刻化するなか、「最後のとりで」としての母子生活支援施設への理解を深めてもらい、多くの母や子をサポートしていくのが狙い。年末に創刊号を出し、大阪の母子生活支援施設に措置を取り持った全国の福祉事務所に無料配布する。

 

続きは本紙で

 

福祉新聞の購読はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加