奈良の市立保育園で試験導入 おむつ月額定額制サービスとは

2020年1211 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
こども園におむつが直接届くため、保護者の負担軽減につながる=奈良市提供

 保育施設で使うおむつの準備や管理に伴う負担の軽減を図るため、奈良市は12月から、0~2歳児を受け入れる一部の市立保育施設を対象に、保護者が園に紙おむつを持参することなく、定額でおむつとお尻ふきが使い放題になる「おむつ月額定額制サービス」を試験導入する。同市によると、公立園での導入は全国的にも珍しい。

 

続きは本紙で

 

福祉新聞の購読はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加