東京都江戸川区、特養待機者解消へ 全国初の秘策とは

2020年1214 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京都江戸川区は11月から、介護付き有料老人ホームの空床を活用して特別養護老人ホームの待機者を減らす事業を始めた。要介護3以上で特養への入所を約1年以上待っている区民が、区内外問わず介護付き有料老人ホームに入居した場合、特養の居住費との差額の2分の1(上限月7万円)を補助する。区によれば、こうした事業は全国で初めて。

 

続きは本紙で

 

福祉新聞の購読はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加