見落とされがちな冬の熱中症とは

2020年1215 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新型コロナウイルスが猛威を振るう中、保育現場では子供の保健管理に対する意識が高まっている。そこで、日常的に起こりやすい病気や症状、季節性の感染症について、小児科の専門医に予防ポイントや対処法など、1年をかけてアドバイスを紹介していく。

 

 夏場の脱水は、(1)夏バテで食事量が減る=食事中の水分が減る(2)失われた水分と同じだけの水分を飲まないなどで体に入る水分が減ることが原因です。特に(2)はスポーツ中に指導者が十分に水分補給をさせない、学校の体育や運動会の練習、遠足等で水分摂取を制限するなどが原因で脱水が起こります。

 

続きは本紙で

 

福祉新聞の購読はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加