自分も出資する新たな働き方 今国会で成立した労働者協同組合とは

2020年1217 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

 働く人が出資して経営にも携わる「協同労働」に非営利の法人格を認める法案が12月4日、参議院本会議で全会一致により可決、成立した。意欲や能力に応じた多様な就労機会を創出することが狙い。農林水産、ビル管理、清掃などと並んで保育や介護など福祉分野の担い手が増える可能性がある。施行は公布日から2年以内。

 

続きは本紙で

 

福祉新聞の購読はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加