感染対策研修の無料動画 厚労省が活用を呼び掛け

2020年1221 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
場面ごとに注意することが説明されている

 厚生労働省は、介護職員が感染症の基礎から感染症発生時の対応まで学べる研修教材動画を公開している。無料でいつでも何度でも受講でき、理解度を確認するテストもある。コロナ感染第3波が広がる中、厚労省は広く活用を呼び掛けている。

 

 ブログラムは施設系、通所系、訪問系(重複内容あり)に分かれており、それぞれ10単元ある。例えば、標準予防策と感染経路別予防策▽介護サービスを提供する際の衛生管理▽感染症発生時の介護・看護ケア▽家族介護者への支援▽感染症による死亡への備えなど。

 

 各単元の動画は約10分。単元ごとにテキストがあるのでそれを手元において受講できる。さらに理解度を確認する○×形式のテスト(10問)と解説があり、途中でやめても受講状況がすぐ分かるようになっている。

 

 厚労省は来年4月から、全介護保険サービスに運営基準で感染症対策を義務付け、研修の実施を盛り込む予定だが、その研修として動画受講を認めるかは「検討中」としている。

 

 厚労省は年内に、管理者・感染対策教育担当者向けの動画も公開する。希望する施設に感染症の専門家を派遣して指導することも予定しており、管理者・感染対策教育担当者向けサイトから申し込めるようにする。派遣先は約100施設を想定している。

 

 

福祉新聞の購読はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加