東京都、虐待予防を強化へ 子ども家庭支援センターの人員増など

2021年0115 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京都は昨年12月23日、児童福祉審議会第4回本委員会を開き、同専門部会が検討してきた「新たな児童相談のあり方」に関する提言について決定した。児童虐待の予防的支援と早期対応に焦点を当て、それらを強化するための具体的な施策の方向性を示している。

 

 予防的支援の項目では、市区町村に設置されている子ども家庭支援センター(子家セン)の体制強化に向け、職員の増配置を提言した。

 

続きは本紙で

 

福祉新聞の購読はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加