21年度介護報酬改定 特養はプラス2.1%

2021年0125 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

 厚生労働省は1月18日、「社会保障審議会介護給付費分科会」に2021年度介護報酬改定案を示し、了承された。新型コロナによる負担増に配慮し、特別養護老人ホームで約2・1%増など各サービスの基本報酬を引き上げる。認知症対応や看取りの推進、リハビリ・口腔・栄養の強化のほか、科学的介護の取り組みを評価する内容も多く盛り込んだ。

 

続きは本紙で

 

福祉新聞の購読はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加