日本財団 都内の高齢者施設職員にPCR検査を実施へ

2021年0127 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本財団は1月19日、東京都内の高齢者施設の職員を対象に、無料で新型コロナウイルスのPCR検査を提供すると発表した。費用の予算は約200億円で、日本財団が全額負担する。2月8日に受け付けを始め、毎週検査が可能だという。

 

 対象は都内にある特別養護老人ホームや介護老人保健施設、有料老人ホームといった高齢者施設や、療養型病院で働く職員。利用者に接する可能性があれば事務職も含む。ただ、通所系・訪問系の事業所、障害者施設などは含まない。日本財団は2884施設の19万人を見込む。

 

続きは本紙で

 

福祉新聞の購読はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加