弁護士事務所「法律相談に限界」社会福祉士を雇用する協働モデルとは

2021年0128 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
社会福祉士の佐藤さん

 東京都千代田区にある弁護士事務所が社会福祉士を雇用する取り組みを始めた。弁護士法人ソーシャルワーカーズ(浦崎寛泰代表)は生活上の困難を抱えたクライアントへの継続的な日常支援を展開する。浦崎弁護士は「法律相談を入り口に、福祉制度につなげるモデルが広がれば」と話す。

 

続きは本紙で

 

福祉新聞の購読はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加