男性職員の育休取得率100% 庄内厚生館(大分)の働き方改革

2021年0204 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
共に法人職員で育休を取得した竹中夫妻=庄内厚生館提供

 男性職員の育児休業取得を促そうと、大分県の社会福祉法人庄内厚生館(伊藤大海理事長)は、独自の支援策を展開している。育休取得者に給与の一部を支給したり、取得者が所属する部署の職員に手当を支給したりするのが特徴だ。これらの取り組みを始めた2019年秋以降、男性の育休取得率は100%になっている。

 

続きは本紙で

 

福祉新聞の購読はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加