嘔吐、下痢――18の危険信号

2021年0210 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

 毎年冬に流行する、ノロウイルス、ロタウイルスなどによる感染性胃腸炎ですが、今年は少し様子が異なります。

 

 新型コロナウイルスの世界的大流行のためにマスク、手洗い、換気を国民が一致団結して励行しているおかげで、国立感染症研究所の発生動向調査では、この10年間で最も低い水準で推移し、例年の非流行期以下の数値を示しています。マスク、手洗い、換気がこれらの感染症にも有効であることを示している証拠かと思います。

 

続きは本紙で

 

福祉新聞の購読はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加