スーパーの中に移転した社協 街づくりの中核目指す

2021年0212 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
スーパーイズミヤ河内長野店。手前中央の河内長野市社協(2階建て)が4階に移転して、新たな地域まちづくり支援拠点になる

 大阪府の河内長野市社会福祉協議会は今春、スーパーイズミヤの河内長野店4階フロアに移転する。社協が運営している三つの障害者就労支援事業所も入る。障害者が店員を務めるカフェや、イベント、テレワーク、自習などに利用できる共有スペースを展開。「まちづくり支援拠点」の中核の担い手として、買い物客、市民やボランティア、NPO、企業などと連携する。

 

続きは本紙で

 

福祉新聞の購読はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加