厚労省が介護職員・管理者向け、コロナ心の相談窓口を開設 

2021年0208 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

 厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症に対応する介護事業所・施設の職員や管理者向けに無料のメンタルヘルス相談窓口を開設している。利用者が感染した場合の対応や、自分が感染し家族も感染させてしまうリスクがある中での不安や負担の軽減につなげる。

 

 特設サイトに入ると、電話番号とメールアドレスが表示される。受け付けは午後1~8時。感染予防のほか、メンタルヘルスの基礎知識、職員のメンタルヘルスを維持する方法など幅広く相談に応じる。相談したことで個人や法人を特定、公表されることはない。相談窓口は全国老人福祉施設協議会、全国老人保健施設協会も開設している。

 

 

 

福祉新聞の購読はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加