障害報酬改定、就労B型に新体系 入所系には行動障害対応

2021年0215 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
就労B型の「マイWayたかつ」(川崎市)は新しい報酬体系を選ぶ方針だ

 2021年度の障害報酬改定をめぐり、成人の入所施設やグループホーム(GH)では、激しい自傷行為などのある強度行動障害の人の受け入れを加算で促す。GHでは医療的ケアに対応するため、看護職員を配置した場合の加算も設ける。

 

 入所系サービスは対象を重度者に絞り、軽度の人は相談系サービスによりアパート暮らしを周囲が支える方針を加速する。

 

続きは本紙で

 

福祉新聞の購読はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加