日本ソーシャルワーカー連盟、子ども分野の国家資格に反対 厚労相に要望 

2021年0302 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
田村大臣(右)に要望する西島、田村、早坂の各氏(左から)

 日本社会福祉士会や日本精神保健福祉士協会など4団体で構成する日本ソーシャルワーカー連盟(西島善久会長)は2月24日、田村憲久・厚生労働大臣に対して、児童相談所で働く児童福祉司に既存の国家資格を活用することなどを求める要望書を提出した。現在厚労省は子ども分野に関する新たな資格について検討しており、同日の会見で西島会長は「新たに国家資格をつくる必要はない」と反対の姿勢を強調した。

 

続きは本紙で

 

福祉新聞の購読はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加