長野県社協、住まいとセットで就労支援「かりぐらしスタートプロジェクト」

2021年0323 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
シェアハウスではコーディネーターが生活上の相談にも応じる=長野県社協提供

 長野県社会福祉協議会が住まいと就労をセットで支援する「かりぐらしスタートプロジェクト」で3月11日、中部地方の児童養護施設を1年前に退所した女性(10代)がシェアハウスに入居した。新型コロナウイルスにより失業した人の移住を支援することが「かりぐらし」の狙い。同社協は親を頼れない施設出身者の孤立ぶりがコロナ禍を機に露呈したとみている。

 

続きは本紙で

 

福祉新聞の購読はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加