障害者の藍染め工房、直営店を下北沢にオープン

2021年0326 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
左から舟越さん、大野理事長、中澤美和施設長

 東京都世田谷区の下北沢駅から徒歩4分の場所に、障害者が作った藍染め・刺し子・織り製品を販売する「ファクトリー藍ショップ」(就労継続支援B型事業所出張所)が3月8日、オープンした。コロナ禍で苦境に立たされる中、若者に人気の街で新たな客層の開拓に挑む。

 

 運営する社会福祉法人藍は、同区内で1983年に藍染め工房を設立し、現在はレストラン(就労継続支援B型)、グループホームも運営している。

 

続きは本紙で

 

福祉新聞の購読はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加