社会福祉士、精神保健福祉士の国家試験合格発表

2021年0322 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

 社会福祉振興・試験センターは3月15日、第33回社会福祉士国家試験、第23回精神保健福祉士国家試験の結果を発表した。社会福祉士は受験者数が前年より約4000人減り、合格率は例年並みの29・3%だった。1万333人が合格した。

 

 精神保健福祉士も受験者数が前年より約500人減り、合格率は例年よりやや高い64・2%。合格者数は3955人で、2004年の第6回試験以来17年ぶりに4000人を下回った。社会福祉士の合格ライン(合格基準点)は総得点150点に対して93点。精神保健福祉士の合格ラインは総得点163点に対して94点だった。

 

 精神保健福祉士の試験では、正答を一つ選ばせる問題で二つの正答がある不適切問題が1題あった。

 

 

福祉新聞の購読はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加