福祉現場の働き方、動画で公開〈浜松・天竜厚生会〉

2021年0323 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
定塚氏(左)と山本理事長のリモート対談

 社会福祉法人天竜厚生会(浜松市)が定期的に開催している実践発表会が今年で10回目を迎えた。地域住民らへの福祉啓発を目的に毎年実施してきたが、コロナ禍を踏まえ、今年は集合形式での実施から、動画を通じての発信に切り替えた。動画は同法人ホームページで公開している。

 

 今年のテーマは「新時代令和×『ワーク』と『ライフ』~女性活躍のその先へ」。動画は「対談」と「実践発表」の2種類あり、対談動画では山本たつ子理事長と、定塚由美子・元厚生労働省人材開発統括官がリモートで、女性活躍や福祉現場の働き方について意見を交わしている。

 

 実践発表動画では、育休を取得した男性職員や、育児・養育、介護等退職者再雇用制度で復職した職員の声を紹介しているほか、法人の働きやすさ向上に向けた取り組みも紹介した。

 

 対談動画は3月末までの限定公開で、実践発表動画は引き続き視聴できる。

 

 

福祉新聞の購読はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加