〈東日本大震災から10年〉子どもへの伝承が使命 旭が丘学園(宮城)

2021年0330 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
退所者から寄せられた救援物資。施設に駆け付ける退所者もいた(旭が丘学園提供)

■社会福祉法人旭が丘学園(宮城)・菅原昭理事長

 

 海岸から4キロほど離れた高台にあるため、津波の被害はありませんでした。床暖房など施設の設備に被害が出ましたが、幸いにも子ども(当時約70人)、職員(約40人)は全員無事でした。ただ、電気、水道などのライフラインが止まり、復旧までの1カ月弱の生活は本当に大変でした。

 

 1階のホールに自家発電機で稼働させたファンヒーターを置き、全員がそこで生活しました。この間は職員総出で、子どもへの寄り添いはもちろん、川への水くみや訪れた支援者への対応などに奮闘してくれました。

 

続きは本紙で

 

福祉新聞の購読はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加