赤ちゃんと運動――一緒にさまざまな遊びを

2021年0827 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京2020オリンピックが終わり、パラリンピックが24日から9月5日まで開催されます。普段はスポーツに興味のない方も、アスリートたちの活躍には心を動かされたのではないかと思います。もしかしたら、「うちの子もオリンピックに」なんて夢を持たれた方もいるかもしれません。

 

 「スキャモンの発育曲線」というのを聞いたことがありますか? 人間の臓器がそれぞれどのような速度、いつまで発育するかをグラフ化したものです。それによると神経系の発育は5歳までに約80%、12歳までにはほぼ100%完成してしまうのです。

 

 〝運動神経〟という言葉を聞いたことがあるかと思います。運動神経とは本来、筋肉を動かすための情報を伝える神経ですが、「運動神経が良い」などと表現する、いわゆる〝運動神経〟とは五感から得た情報を元に、上手に体を動かす能力を意味します。そして、この能力は5歳までに約80%、12歳までにはほぼ100%完成してしまうと言っても過言ではありません。

 

続きは本紙で

 

福祉新聞の購読はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加