山形市の特養などがクリエイターを起用し、イメージアップ目指す

2021年0901 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
「KAiGO PRiDE」の動画

 山形市と市内特別養護老人ホーム施設長連絡会は、厚生労働省の「小規模法人のネットワーク化による協働推進事業」を活用して介護人材の確保・定着に取り組んでいる。昨年度は介護職員の内面からにじみ出る「かっこよさ」を写真や動画で表現する「KAiGO PRiDE」などに取り組み、介護のイメージアップを図った。

 

 「KAiGO PRiDE」は2019年に熊本県で始まった介護の魅力発信プロジェクトで、大手企業のCMなどを手掛けるクリエイティブディレクターのマンジョット・ベディ氏が撮影する。

 

続きは本紙で

 

福祉新聞の購読はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加