毎日60分以上の運動を

2021年0903 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前回、人間の臓器がそれぞれどのような速度で、いつまで発育するかをグラフ化したスキャモンの発育曲線の話をしました。そして、神経系の発育は5歳までに約80%、12歳までにはほぼ100%完成してしまうから、赤ちゃんの時に五感にいろいろな刺激を入れてあげましょうというお話をしました。今回はその続きをお話ししたいと思います。

 

 スキャモンの発育曲線で、運動について考えるときに、骨や筋肉などの成長も重要です。骨や筋肉は、3歳ごろまでは急速に成長し、その後、やや緩やかになり、13歳ごろから18歳ごろまで再び急速に成長して、20歳ごろに完成します。

 

 武道やスポーツを指導する上では必ず知っておかなければいけない知識ですが、日本の武道やスポーツの指導者の多くはこの事を知らずに指導しています。私もスキャモンの成長曲線は小児科医として知っていましたが、これを武道やスポーツの指導に利用するということは、ここ数年でスポーツ医学を改めて学び始めてから知りました。

 

続きは本紙で

 

福祉新聞の購読はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加