節分の豆、5歳以下は危険!全国70人の地方議員が訴え

2022年0124 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
要望書を渡す佐藤会長(左から3番目)と自見議員(左端)

 子どもの事故予防地方議員連盟(会長=佐藤篤・東京都墨田区議)は12月24日、後藤茂之・厚生労働大臣らに対し、保育所で節分に豆まきをする際の危険性を強く発信するよう求める要望書を提出した。

 

 厚労省によると、2014年から6年間で14歳以下の食品誤嚥による窒息死は80人。20年2月には島根県で節分行事の際に4歳児が豆を喉に詰まらせて死亡する事故も発生しており、厚労省などは注意喚起する事務連絡を出している。

 

続きは本紙で

 

福祉新聞の購読はこちら

 

    • このエントリーをはてなブックマークに追加