滋賀県で社協と生協が連携協定 子どもを中心とした地域づくり目指す

2022年0127 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
知事公館で開かれた締結式。前列左から、コープしがの白石理事長、滋賀県社協の丸山英明副会長、滋賀県の中條絵里副知事

 滋賀県社会福祉協議会は生活協同組合コープしが(滋賀県野洲市)と「包括連携に関する協定」を結び1月14日、締結式を開いた。協定には、双方が人的、物的資源を有効に活用し、災害時の支援活動で連携するほか、子ども食堂などへ支援することが盛り込まれている。社協と生協の連携協定は全国でも珍しく、「子どもを中心とした地域づくり」の好事例となりそうだ。

 

 コープしがの白石一夫理事長は締結式で、「滋賀をより良くしていく共同のパートナーとして新たな歩みが始まった」と述べた。

 

 連携協定の具体的な事項は、災害時の被災者・被災地への支援活動、子どもの拠点への支援、相互の情報共有・交換、地域福祉の向上の4項目。

 

 中でも特筆すべきは、コープしがによる「子どもの育ち」への永続的な支援だ。

 

続きは本紙で

 

福祉新聞の購読はこちら

 

    • このエントリーをはてなブックマークに追加